大崎地方合併協議会
古川市 松山町
 ●三本木町 鹿島台町
岩出山町 鳴子町 ●田尻町
 トップページ 合併協定項目新市建設計画協議会会議録組織・委員名簿規約・規程合併Q&A 
           協議会だよりスケジュールメールで言ってみようリンク集サイトマップ 
新市建設計画
●新市建設計画の概要  ●新市将来ビジョン  ●新市建設計画策定方針
新市建設計画の概要と合併協定項目
(新市建設計画ダイジェスト)

【 もくじ 】
はじめに
新市を取り巻く環境
新市計画(まちづくり)の基本方針
新市の主要施策
合併することによる財政効果
財政計画
合併協定項目[参考資料]
PDFアイコン新市建設計画の概要と合併協定項目(平成16年4月発行・期日変更前の内容による)
 ■表紙・はじめに・新市を取り巻く環境[809KB]
 ■新市計画(まちづくり)の基本方針[315KB]
 ■新市の主要施策[1.1MB]
 ■合併することによる財政効果・財政計画[508KB]
 ■合併協定項目[参考資料][1.2MB]

PDFアイコン新市建設計画(平成17年1月発行・期日変更後の内容による)
 表紙・目次[157KB]
 第1章 序論(合併の必要性、合併の効果、計画策定の方針)[218KB]
 第2章 新市の概況(人口・世帯、年齢構造、産業構造、地域構造、公共施設)[421KB]
 第3章 主要指標の見通し(将来人口の見通し、世帯数の見通し)[147KB]
 第4章 新市計画(まちづくり)の基本方針(将来像を実現するための基本方針)[315KB]
 第5章 新市の施策(新市将来像実現に向けての施策展開の視点、主要施策の内容)[1.8MB]
 第6章 新市における宮城県事業の推進(新市における宮城県の役割、新市における宮城県事業)[171KB]
 第7章 公共的施設の統合整備[44KB]
 第8章 財政計画[339KB]      
  はじめに
 地方分権、少子・高齢化、情報技術革命や長引く経済不況など、私たちの生活を取り巻く環境は大きく変化しています。この環境の変化に対応するため、地域行政の主体となる地方自治体の自立が求められています。
 大崎地方合併協議会では、私たち7つの市町が一つに結集することで、“地方の世紀”を担う自立したまち〔地方政府〕を創りだしていくことを基本に据え、平成15年7月1日の設立以来、平成16年4月17日まで計16回の協議会や、6つの小委員会で述べ43回の会議を開催し、合併後の新市の姿を検討してまいりました。
 この度、新市の施策や財政計画等の具体について、住民の意向を最重要視した「新市将来構想」を基調に「新市建設計画」を策定しましたので、その概要をお示しいたします。また「合併の方式」、「合併の期日」、「各種事務事業の取扱いに関する事項」等の合併協定項目についても併せて記載しています。
 住民の皆様には、是非この機会に、1市6町の合併という歴史的な事業の意識や目的を十分お考えいただきますよう心からお願い申し上げます。
  
平成16年4月 大崎地方合併協議会
会長 佐々木 謙次

  新市を取り巻く環境
地方分権へ対応する必要があります
 地方分権の推進に伴って国と地方自治体が対等の関係となるよう、近年様々な制度が改正されてきました。これからは住民にとって最も身近な自治体である市町村が「自己決定、自己責任の原則」により、自らの責任のもとで自らの進むべき方向を定め、具体的な取り組みを実行するという、地方が主役の時代です。
 このため、自ら考え実行していくことができる体制づくりや行財政基盤の強化・効率化を図っていくことなどが必要になっています。
少子・高齢化へ対応する必要があります
 わが国では全国的に少子・高齢化が進行しています。1市6町においても、少子・高齢化が進展し、生産年齢人口の減少が見込まれています。
 少子・高齢化が進むと、地域活力の低下が懸念されるとともに、保健・医療・福祉等の行政ニーズが増大することが予想されます。
 このため、これからは、子育て支援や保健・医療・福祉サービスの充実など少子・高齢化へ対応した施策を展開していくために、財政的負担や専門知識を有する人材の確保などが必要になります。

 少子・高齢化の進展が予測されています。
 高齢者は、現在の5人に1人から、平成32年には、おおよそ4人に1人という状況になると見込まれています。
※総人口は年齢不詳人口を含んでいます。
資料:国勢調査、市町村合併調査研究基礎調査報告書
◆1市6町の人口推移◆
1市6町の人口推移
住民ニーズの広域化・高度化へ対応する必要があります
 交通網の発達などにより、住民の生活スタイルは大きく変化しています。特に、通勤・通学・買い物・通院など、私たちが日常生活で移動する範囲は拡大しています。
 また、価値観の多様化、技術革新の進展などに伴い、行政に対するニーズも多様化、高度化してきているため、住民の生活スタイルに合った行政運営を行うことが求められています。
厳しい財政状況へ対応する必要があります
 国や地方自治体の財政状況は厳しさを増しており、さらに地方交付税制度の見直しが行われています。地方自治体は、今後歳入が減少した場合に備えて、より効率的で無駄のない財政運営体制を構築していくことが求められています。
 合併によって、コスト削減に努め、行政サービスを低下させることなく財源を捻出できる行財政改革を推進する必要があります。

  新市計画(まちづくり)の基本方針
−大崎豊饒の大地から平成デモクラシーの幕開け−
地域の個性・文化輝き 豊かな自然環境輝き
安全、安心な暮らしにより、市民の笑顔輝くまち
    

この大崎豊饒の大地には、悠久の時を越えて人々の営みがありました。
これからも「人」は地域に生まれ・育ち、営みを続けていきます。
そこには、かけがえのない文化が生まれ、長い年月を経て優れた伝統が築かれています。
この文化と伝統こそが、他に誇れる大崎地方1市6町の財産(個性)であります。
これからのまちづくりは、これらの財産(個性)を礎に、新たな資源を開発し、
それらの融合と連携をもとに、新市として時代を切り拓いてゆく必要があります。

※豊饒:たくさんの財産があり、生活が豊かなこと。

   施策展開の視点
未来の子どもたちのために
 豊かなまちを伝えのこし、
  より良いまちを紡ぎあげる
まちづくりの7本の柱(施策の大綱)
1 市民が主役、協働のまちづくり
2 連携と交流を支え地域の一体性を高めるまちづくり
3 地域の個性をいかし豊かな心を育むまちづくり
4 安全で安心して暮らし続けられるまちづくり
5 活力あふれる地域産業が根付くまちづくり
6 地域で支え合い心がかようまちづくり
7 自然と共生する循環型のまちづくり
《戻る》