奈良市・月ヶ瀬村・都祁村 合併協議会
ホームへ戻る →合併協議会について→合併協議会の状況→合併協定項目
→新市建設計画→合併までの手続
協議会だより
ホーム>合併の手続
*
*
 3市村の議会の議決後、合併まで次のとおり手続を進めていきます。
3市村議会の議決 詳細
↓
県知事への申請 詳細
↓
県議会の議決、県知事決定 詳細
↓
総務大臣への届出 詳細
↓
総務大臣の告知 詳細
↓
新市の誕生
3市村議会で合併関連4議案が議決されました
 8月30日に開催された都祁村議会、9月15日に開催された月ヶ瀬村議会及び9月27日に開催された奈良市議会において、奈良市、月ヶ瀬村及び都祁村の合併に係る関連4議案が議決され、3市村の合併についての最終の判断がされました。
 合併関連4議案の概要は、次のとおりです。
(1) 3市村の廃置分合(合併)の議案
 地方自治法の規定により、平成17年4月1日から添上郡月ヶ瀬村及び山辺郡都祁村を廃し、その区域を奈良市に編入することを奈良県知事に申請する。

(2) 3市村の廃置分合(合併)に伴う財産処分に関する協議の議案
 合併に伴い、「月ヶ瀬村及び都祁村の財産は、すべて奈良市に帰属させる」ことを3市村において協議して定める。

(3) 3市村の廃置分合(合併)に伴う議会の議員の定数に関する協議の議案
 合併に伴い、「奈良市の議会の議員の定数は、合併特例法の規定を適用し、奈良市の議会の議員の残任期間並びに合併後最初に行われる一般選挙により選出される議会の議員の任期に相当する期間に限り、46人とする。この場合において、合併特例法の規定を適用し、添上郡月ヶ瀬村の区域及び山辺郡都祁村の区域ごとに選挙区を設けるものとし、当該選挙区において選挙すべき議会の議員の定数は、各1人とする」ことを3市村において協議して定める。

(4) 3市村の廃置分合(合併)に伴う農業委員会の委員の任期等に関する協議の議案
 合併に伴い、「月ヶ瀬村及び都祁村の農業委員会の選挙による委員で奈良市の農業委員会の委員の被選挙権を有することとなるものは、合併特例法の規定を適用し、6人に限り、奈良市の農業委員会の委員の残任期間、引き続き奈良市の農業委員会の選挙による委員として在任する」ことを3市村において協議して定める。
ページトップへ
廃置分合の申請を行いました
 平成16年10月20日(金)、奈良県庁において、奈良県知事への奈良市、月ヶ瀬村及び都祁村の廃置分合(合併)の申請を行いました。
 当日、鍵田奈良市長、窪田月ヶ瀬村長、西畑都祁村長が自ら、合併申請書を柿本奈良県知事へ、直接手渡しました。
 合併申請書の提出後、奈良県知事と3市村長との会談が行われ、合併申請は無事に終了しました。
1市2村を代表し、奈良県知事へ合併申請書を提出する鍵田奈良市長
1市2村を代表し、奈良県知事へ合併申請書を提出する鍵田奈良市長
ページトップへ
県議会の議決、県知事決定、総務大臣への届出がありました
 12月1日の奈良県議会において、奈良市、月ヶ瀬村及び都祁村の廃置分合(合併)に関する議案が可決され、即日、奈良県知事の決定と総務大臣への届出が行われました。
奈良県知事(代理)より、決定書を受け取る鍵田奈良市長
奈良県知事(代理)より、決定書を受け取る鍵田奈良市長
ページトップへ
総務大臣の告示がありましたNEW!
 平成16年12月21日(火)、奈良市、月ヶ瀬村及び都祁村の廃置分合(合併)について、総務大臣の告示がなされました。この告示により、一連の法定手続きが全て完了し、合併が正式に決まりました。
総務省告示第976号 市村の廃置分合について
 総務省告示第976号 市村の廃置分合について


前のページへページトップへ
*
Copyright(C) 2003 奈良市・月ヶ瀬村・都祁村合併協議会. All Rights Reserved