新市の名称について
             
            名付け親大賞の表彰式
            名付け親大賞ほか抽選結果
            新市名の選定理由
            新市の名称決定
            新市の名称候補
            新市の名称募集の応募状況
            新市の名称募集要領



名付け親大賞の表彰式

平成15年8月8日(金)、第7回合併協議会において、名付け親大賞の
表彰式が行われ、重信町の森 直美さんに賞状と記念品が贈られました。



                                                              このページの先頭へ



名付け親大賞ほか抽選結果

平成15年7月24日(木)、新市の名称『東温市』にご応募いただいた方の中から名付け親大賞等と名付け
親賞の抽選。また、応募者全員の中から特別賞の抽選が行われました。抽選の結果は、以下のとおりです。

名付け親大賞  1名
(東温市と応募された方の中から抽選)

名付け親大賞  森     直   美  重 信 町

名付け親賞   10名
 (東温市と応募された方の中で、名付け親大賞受賞者以外の方の中から抽選)

名付け親大賞  和   田      正  重 信 町
 長曽我部      涼  川内中学校
 相   原   次  美  重 信 町
 橋   本   知  子  川 内 町
 小 笠 原   則  一  川 内 町
 河   野   高  義  川 内 町
 白   石   な ぎ さ  川 内 町
 泉   市   光  男  重 信 町
 寺   居   タ カ 子  重 信 町
 上   野   義  弘  川 内 町

    特別賞    20名
(名付け親大賞及び名付け親賞受賞者以外の応募者の中から抽選)

特別賞  藤  田  保  一 重 信 町  高  市  忠  勇 川 内 町
 山  内  多 美 子 重 信 町  坂  本  桂  子 南吉井小
 山  内  啓  二 重 信 町  小  堤  玲  子 重 信 町
 大  西  健  央 重 信 町  橋  本  千 惠 子 川 内 町
 戸  田  品  子 重 信 町  池  川  眞 由 美 重 信 町
 宇 和 川  雅  克 川 内 町  中  上  羊  子 重 信 町
 熊  田  慶  一 川 内 町  近  藤  恭 一 郎 重 信 町
 由  井  一  榮 重 信 町  山  内  恵 美 子 重 信 町
 菅      嘉  照 重 信 町  松  本  八 重 子 川 内 町
 中  島  カ ヨ 子 重 信 町  菅  原  敏  江 重 信 町

以上の方が当選しました。おめでとうございます。なお、ならびは順不同、敬称は省略とさせていただきました。

※各賞を受賞された方々については、郵送にて本人宛に直接通知させていただくほか、名付
け親大賞の当選者の方については、授賞式を次回協議会の席上でとりおこなう予定です。

                                                              このページの先頭へ



新市名の選定理由

平成15年7月24日(木)、臨時合併協議会において、新市名の選定理由を次の主旨により取りまとめることになりました。


                新市名(東温市)の選定理由

@ 昔からこの地域が温泉郡の東部ということで「東温」と称ばれていることから、地理的にもわかりやすく、歴史のある名称で、文化的にも意義があるといえる。また、両町にとって関係も深い地域であることから、その文化、伝統を引き継ぎ、連帯と協調を高め、生活や文化の向上を目指すといった住民の理想と願いを表わすことができる。

 A 古くは、東温青年学校や東温家政学校があり、現在は、東温高校や東温消防署、東温ライオンズクラブなどがあるほか、音楽会や陸上競技大会などの開催で住民にも身近に感じられており、わかりやすく、違和感がない。

 B 「温」という文字は、この地域の気候が温暖であることを意味するほか、住む人々の人情が豊かであり、ぬくもりやあたたかみを感じさせ、住み心地の良い街を印象付けることができる。また、温泉があることも意味し、「温泉」という長い歴史を持ち、由緒ある地名をも含んでいるので、その文字に深い親しみを持てる。


                                                              このページの先頭へ



新市の名称決定

第6回合併協議会において、協議会委員30名全員による記名投票を行った結果、8候補の
うち、東温市が29票、温泉市が1票となり、合併後の新市の名称は「東温市」と決定しました。

とう    おん    し   
東 温 市



   公募により「東温市」を選んだ方々の主な選定理由(抜粋)
@昔は、温泉郡が6分区され、その東の地域として呼ばれており、歴史的・地理的・文化的にも意義があり、古来より町民に親しまれていて、文化、伝統を引き継ぎ、連帯と協調を両町民が高め民度向上を目指す市になることができる。
A温泉郡の東部が「東温」と称ばれていて、温は温泉をも意味するが、人情、ぬくもり、あたたかみをイメージする市としても良いと思う。温の文字に親しみがあり温かい印象がある。
B東温高校や東温消防署、東温ライオンズクラブなどがあるほか、音楽会や陸上競技大会などですでになじまれているから。
C松山市、道後温泉の東にあるから。
D両町に温泉もあり、温泉にちなんだ名称もはずせず、温泉郡が消えるのが淋しいから。
E川上村、三内村共通の東温青年学校があったから。
F旧村時代、川上、三内、北吉井、南吉井、拝志の各村を東温5ヶ村といっていた。
G東温11ヶ村の由来を後世に残すため。

 これらのたくさんの理由を1つの選定理由としてとりまとめます。

                                                                           このページの先頭へ

新市の名称候補

新市の名称選定小委員会で新市の名称候補として次の8候補が選定されました。
今後、合併協議会において、これらの中から新市の名称が決定される予定です。

おん せん し
温 泉 市
        し
さ く ら 市
しげ かわ  し
重 川 市
ちゅう よ   し
中 予 市
とう おん  し
東 温 市
ひがしおんせんし
東 温 泉 市
ひがしどうご し
東 道 後 市
よし  い  し
吉 井 市

                                                                            このページの先頭へ




新市の名称募集の応募状況

平成15年4月29日〜5月31日の応募期間に、総数4,900件・1,150種類の応募がありました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

1.応募総件数  4,900件
(1) 応募者の住所別の状況  重 信 町         3,434件 (70.1%)
 川 内 町         1,452件 (29.6%)
  2 町 外            14件 ( 0.3%)
(2) 応募方法別の状況  応 募 は が き      3,244件
 官 製 は が き        167件
 私 製 は が き          4件
 小中学校専用用紙    1,485件   
(3) 応募者の年齢別の状況  10歳以下            771件 (15.7%)
 11〜20歳        1,054件 (21.5%)
 21〜30歳         341件 ( 7.0%)
 31〜40歳         373件 ( 7.6%)
 41〜50歳         529件 (10.8%)
 51〜60歳         671件 (13.7%)
 61〜70歳         602件 (12.3%)
 71〜80歳         400件 ( 8.2%)
 80歳以上          153件 ( 3.1%)
 不   明             6件 ( 0.1%)
(4) 応募者の性別  男            2,225件
 女            2,670件
 不明               5件
2.応募の有効無効について  有効件数       4,636件
 無効件数         264件
 
 ※無効件数の内訳
   ・町外など応募対象外    63件
   ・住所・氏名などの無記入   7件
   ・1人2種類以上の名称を
    応募したもの        140件
   ・選定基準に反するもの     54件
3.応募作品の種類(有効件数分)  1,150種類



ご応募いただいた名称一覧

皆様からご応募いただいた名称をご覧になるには、コチラをクリック(PDF149KB)


※ こちらのデータをご覧になるには、adobe社のAcrobat Readerというソフトが必要になります。
 現在お持ちでない方は、下記をクリックして、adobe社のホームページからソフトをダウンロード
してからご覧ください。(ダウンロードは無料です)


 adobe社のホームページ

                                                                            このページの先頭へ

                      新市の名称募集要領
 ※既に応募は締め切っています。

        新しい市の名付け親になって下さい。
          新市名称大募集!!
さくらちゃん
         応 募 締 切 平成15年 5月 31日(土)(郵送の場合、当日消印有効)
重信町川内町合併協議会では、重信町と川内町が合併して誕生する『新しい市の名称』を広く両町の皆さんから募集し、応募いただいたものの中から新市の名称を決定することになりました。
 募集要領等をよくお読みいただき、歴史と文化、豊かな自然と活力にみちた合併後の「新しい市」にふさわしい名称をお寄せ下さい。

募 集 要 領

○応募対象者
  重信町及び川内町に在住の小学生以上の方なら
  どなたでも応募できます。

○応募方法
 応募はがき(公募チラシに印刷)、官製はがき、私製
 はがき

 ※公募チラシは、新聞折込広告として配布している
   ほか、 両町の役場などに置いてあります。

○記載内容
 新市の名称、名称のフリガナ、名称の意味・理由、
 住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号

○応募のきまり
 ・1人1点限りです。
 ・「重信市」、「川内市」は、候補から除きます。応募
  されても無効となります…ご注意下さい(ひらがな
  及びカタカナによる表記であってもいけません)。

○懸賞
 ☆名付け親大賞  1名  10万円分の全国共通商品券
 ☆名付け親賞  10名   1万円分の全国共通商品券
 ☆特 別 賞   20名   5千円分の全国共通商品券
 注:ただし、受賞者が児童・生徒の場合は、額面相
   当の図書券とします。

○提出先
 ・郵送の場合
  〒791-0292温泉郡重信町大字見奈良530番地1
                 重信町役場内
     重信町川内町合併協議会事務局

 ・持参される場合
  ・重信町役場1階総合案内、
    または、3階合併対策室(協議会事務局)
  ・川内町役場本庁1階窓口カウンター

○問い合わせ先
 重信町川内町合併協議会事務局
        :089-964-4412

選 定 基 準 等

○選定基準
  新市名候補は、漢字、ひらがな、および、カタカナ
 により表記された読み書きが容易な名称で、(1)お
 よび(2)の条件
を満たしている作品の中で、(3)から
 (10)の条件の1つ以上に該当する名称とします。

 (1) 既存の市名(「東松山市」など)でない名称
  (原則基準)
  (既存の市名と読みが同じでも表記が異なるも
   のは可能)
 (2) 「重信市」、「川内市」でない名称(原則基準)
  
(ひらがな及びカタカナによる表記も不可)
 (3) 2町の地域が地理的にイメージできる名称
 (4) 2町の地域の特徴を表す名称
 (5) 2町の地域の歴史・文化にちなんだ名称
 (6) 2町の地域の知名度が向上する名称
 (7) 2町の地域を対外的にアピールできる名称
 (8) 住民等の理想・願いにちなんだ名称
 (9) 合併を記念した名称
 (10)その他新市としてふさわしい名称

○選定方法
  新市の名称選定小委員会で5点程度に絞り込ん
 だ上で協議会に提案し、協議会において決定しま
 す。

○留意事項
 (1) 同一名称への応募数については、選定の際
   の参考に留めます。
 (2) 新市の候補名の選定にあたっては、その名
   称を応募した理由についても十分考慮します。
 (3) ローマ字で表記した場合のことも考慮します。
 (4) 名称の部分についてのみ選考の対象としま
   す。(○○市の○○の部分)
 (5) 記載内容の不備並びに応募締切を過ぎたもの
   は、無効とします。

○その他
 (1) 応募された作品に関する一切の権利は、重信
   町及び川内町に帰属するものとします。
 (2) 応募作品をそのままで採用することが困難な
   場合には、必要に応じて、作品の趣旨を著しく
   損なわない範囲で補作することができるものと
   します。
 (3) 懸賞の受賞者については、協議会だより及び
   ホームページで氏名と住所(町名まで)を公表
   します。

                                                                            このページの先頭へ


トップページへ戻る