主催者あいさつ(戸井町長 吉澤慶昭)

 本日の合併協定調印式にあたりまして、一言、ごあいさつを申し上げます。
 皆様には、新年度を迎え、公私共にお忙しい中、本日の調印式にご出席をいただきまして、誠にありがとうございます。
 特に、高橋 知事におかれましては、公務ご多忙の中、ご臨席を賜りましたことに、深く感謝申し上げます。
 ご出席の皆様はじめ、関係各位のご尽力とご協力のもと、本日ここに、調印できましたことを、心からお礼申し上げます。
 ご案内のとおり、社会経済情勢は大きく変化し、地方自治体を取り巻く環境も、国の構造改革や地方分権の進展に伴い、一層、厳しい財政状況に陥る一方で、少子・高齢化への対応など、行政課題は多岐にわたってきております。
 このような時代の大きな転換期を迎えております今、未来に向けた新たな一歩を踏み出すために、平成15年9月に議会の議決を経て、法律に基づく 合併協議会を設立して、数多くの協議事項を慎重に審議してきたところであります。
 その間、新しい地域(まち)のあり方を熱心に議論いただきました合併協議会委員の皆様には、心から敬意を表します。
 市町村合併は、それぞれ長い歴史と文化をもった市町村が、一つになり、融合・一体化を図っていくことから、一枚一枚、色の違う花びらが集まって、大きな花を構成する「あじさいの花」にたとえられますが、今後は新たな地域(まち)づくりの指針となる建設計画に基づき、「海」をキーワードとして、それぞれの地域がその個性を活かしながら、夢のある新生「函館市」を創っていかなければならないと考えております。
 そのためには、残された期間、「未来へとつながるまちづくり」のために、皆さんと共に全力をつくして、行政運営を推進してまいりたいと思っております。
 今後ともより一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつといたします。  本日は、誠にありがとうございました。