トップへみんなの広場新町建設計画ごあいさつ2町の概要協議会組織協議の状況協定項目議会だよりQ&Aリンク
副会長
会長
会長
竹内亮一
(上北町長)
副会長
向井榮一
(東北町長)






合併協議会の発足にあたって

 本協議会は、平成16年3月30日の上北町及び東北町の両議会での議決を受け、平成16年4月1日に発足いたしました。
 今日まで合併の道のりは、平坦な道のりではなかったと思っております。しかし、両町は幾多の困難を乗り越えて、信用、信頼、信義を第一として最後まで揺るぎない信頼関係のもと、新たな町、道を拓く第一歩を踏み出す事ができました事は、思いを新たに、責任の重さをひしひしと感じております。
 未来を拓く新たな道のりは、厳しい困難な、いばらの道のりかもしれません。しかし、いついかなる環境、条件のもとでも、それを克服してこそ、価値がありますし、大輪の花を咲かす事ができると信じております。
 両町は「湖といで湯の里」、「緑の大地とロマンのまち」をキャッチフレーズに、県内最大の汽水湖である「小川原湖」を共有し、総水揚高37億円を誇っております。また、農地を拓き、農地と共に歩んできた歴史と文化の町でもあります。
 合併の必要性については、申し上げるまでもなく、日常生活圏の拡大、本格的な少子高齢化時代の到来と、国・地方を通じた厳しい財政状況など、地方自治体が直面している課題は、多岐にわたっております。また、一方で地域住民に最も身近な、市町村の役割と責任は、ますます大きくなり、様々な課題に的確な対応が求められております。
 市町村合併は、それらの課題を克服するためにも有力な手段であり、究極の行財政改革であると思っています。
 今後の協議あたっては、あくまでも公平に、そして時には、お互いに譲り合いの精神を持ち、豊かな個性のある町、キラリと光る活力のある町を目指し、不退転の決意で、お互い裸になって次代の方々に、夢と活力の与えることのできる、町の創造のために、皆様と共に目指していく決意であります。
 皆様の積極的かつ建設的なご意見を賜りながら、合併という、大きな課題に取り組んでまいりますので、住民各位のご支援とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

このサイトで使用されている全ての画像及び文章を無断で使用する事を禁止します。