合併協定項目 【窓口業務】

 窓口業務については、合併時に真岡市の制度に統一する。
 時間外窓口については、合併時に真岡市の制度に統一する。ただし、閉庁日の受付窓口については、本庁において行う。
 戸籍届出・受付事務については、合併時に真岡市の制度に統一する。ただし、戸籍記載事務については、本庁において行う。
 各証明書の交付については、合併時に真岡市の制度に統一する。ただし、電話予約による住民票の写しの交付及び郵便請求による証明書の交付については、本庁において行う。
 住民基本台帳ネットワークシステムについては、合併時に真岡市の制度に統一する。
 埋葬・火葬許可については、合併時に真岡市の制度に統一する。
 印鑑登録事務については、合併時に真岡市の制度に統一する。なお、二宮町で発行した印鑑登録証については、随時、新市の印鑑登録証に切り替えるものとする。
 住民基本台帳閲覧については、合併時に真岡市の制度に統一する。ただし、閲覧場所については本庁とする。
 外国人登録事務については、現行のとおりとする。ただし、登録原票の保管は本庁とする。
10
 自動車臨時運行許可事務については、合併時に真岡市の制度に統一する。

<協議経過>・第5回合併協議会(平成20年2月13日)
協議第43号 窓口業務について


資料のダウンロード