地方税の取扱い
 
 市町村民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税等

<備考>
合併前の市町村で、課税している税目及び税率が異なる場合は、調整する必要がある。この場合、急激に税額が高くなったりすることがないように、5年間は不均一の課税等が認められている。