平成16年11月1日 
丹波市発足により、協議会は解散しました。

※ 合併までの記録として、当時のまま掲載しています。
「丹波市」トップページへ戻る

aogaki ichijima hikami kasuga kaihara sannan
住民説明会

会   場 柏原町 氷上郡民会館大ホール
日   時 平成15年11月16日 午後7時30分開会 午後9時40分閉会
出 席 者
合併協議会委員  
梅垣町長、田口議長、谷垣委員、時里委員、
臼井委員、常岡委員担当職員等
合併協議会事務局 13名
住 民 計 122名
会議の内容
開  会
竹安課長
開会
あいさつ
町長
あいさつ
事務局
これまでの協議状況の説明
協定項目の説明
(別紙資料に基づいて合併協定項目の説明)
新市建設計画の説明(別紙概要版資料に基づいて説明)
意見交換
住民
(1) 町名・字名の取扱いについて、“丹波市下小倉・・・”と柏原町を省略して欲しい。
(2) “柏原(かしはら)市”があるため、“柏原(かいばら)市”にできなので、“丹波市柏原町・・・”と残すのか。
上・下小倉は理解できるが、南多田・東奥と対になる地名がないのはおかしい。
町長
(1) 6町は広域にわたるため、旧町名を残しておかないと住所確認が困難になる。
篠山市の事例もある。
今後、協定項目で確認しているため変更はできない。
(2) 柏原町を残した理由は、前回答のとおり。
住民
 新市建設計画概要版で、新市の構造図が全部内を向いているが、外を向くという発想がない、象徴的な合併協議会の考え方である。
 新市名について、篠山市等丹波地域の人たちに反発を受けている状況。このまま“丹波市”になれば、市民は子孫まで丹波地域に償いをしていかなければならない。
住民
 人口の見通しとあるが、心もとなさを感じる。人が集まる市を作るべき。若者が働ける場所が出てくるのかとても不安。だからこんな人口の見通しなのか。活力ある街になるのか。
町長
 統計に基づいて出した人口見込みだが、人口増加に繋がる地域づくりをしていかないといけない。
  働く場の確保は、JR複線化・高速道路に取り組み、この完成によって、都市との距離を縮め通勤も考えられる。
住民
新市名について
 実態調査で75%の人が反対している。市名ではなく、やり方に問題がある。民主主義とはいえないやり方だ。
 住民主体のまちづくりといわれても、何を指しているのか理解できない。説明するから納得して欲しいといわれても、理由もわからないのに、理解できない。“丹波”という地名は歴史があるが、“氷上”も歴史がある。
 先を見た、輝いていける市にして欲しい。
(1)  名前にこだわっていないが、社会問題になったことは確か。住民投票をして、意見を反映してほしい。
 「丹波」と決めた経緯を、町長から答えていただきたい。
(2)  「5つの候補に絞った時なら再考もできた」と発言があったと聞くが、この時期メール等でも多く市名に対して反対意見が出たのに、この5候補で押し切られた意見を聞きたい。
町長
 意見は十分承知しているし、名称選定小委員会の運営についても、正常に行った。
 5つの候補については、覆してはいけないということで5つのままでいった。
 丹波の人間であることに間違いはないし、“丹波”でよいという人もいる。名称の変更はない。
 26日の合併協議会に意見があったことを伝える。
住民
 市民の負担が増えるのではないかという不安があり、特に商売人と農業の方において感じる。
 財政計画等、甘いと感じる。税金が取れるのか。
 「他人を思いやる丹波市」という項目がないが、人権教育について、どう考えているのか。
助役
 市になれば、市長部局で人権啓発センターを設置し、取り組んでいく。今回の項目には挙げていないが、専門部会で反映させていきたい。
住民
 少子高齢化に伴い、人口は減っていく。また、丹波市に魅力がない限り減っていく。1年の間でよりよい体制を作って欲しい。
 財政計画の歳出G普通建設事業費について説明して欲しい。
事務局
 平成13年度決算ベースで推計して出している。17、18年度は各町からの振興計画によって盛込まれているが、19〜26年は合併特例債による事業を盛込み、通常の道路・学校の事業も盛込んだ見込みとなっている。
 合併してから、個々に進めていきたい。
住民
 合併の日を楽しみにしています。
 福祉タクシー、町ぐるみ健診等福祉については、各支所を主体とするのか、本庁を主体とするのか教えて欲しい。
事務局
 主体は春日町でセンターを設けてするが、各支所で今までのサービスは受けられる。町ぐるみ健診等の窓口手続きについては各支所で対応していく。サービスの低下にならないようしていく。
住民
 特別職等の職員の身分の取扱いの中の、新市の職務執行者について、現在の6町長がどう決めるのか。また、市長選挙は新市発足後何日後か。
町長
 選挙までは、6町長が協議の上、職務執行者を決める。
 選挙については、50日以内とする。日程は未定だが、議会議員選挙と同日予定。
住民
 説明の中に一部事務組合等の取扱いとあるが、以前のような事件が、もし、市で起きた場合、誰が責任を取るのか。
委員
 新市になって事件が起きた場合、法により、取るべき人が責任を取る。
  はっきりと言われていないが、町長等が道義上の責任をとるべきという発言だと思うが、道義上では明確にはできない。
閉  会
委員
 閉会のあいさつ







お問い合わせ先
〒669−3309 兵庫県氷上郡柏原町柏原525−1(氷上郡民会館内)
柏原町・氷上町・青垣町・春日町・山南町・市島町合併協議会
TEL:0795−73−3122 FAX:0795−73−3123