平成12年4月に地方分権一括法が施行され、地方自治体の自治能力向上が一層求められてきました。また、モータリーゼーションの発達と情報化の進展に伴い、今や住民の生活行動圏は飛躍的に広がり、旧来の市町村の枠を越えた行政需要がますます増大してきています。
 そこで羽合町・泊村・東郷町では、平成13年4月より、合併についての研究会を設置し、約半年間にわたって様々な角度から合併協議会の設置に向けた準備と研究を行ってきました。また、9月25,26日には3町村の議会において、あいついで合併協議会設置の提案が可決され、10月1日に東郷湖周地域合併協議会発足の運びとなりました。
 3町村の将来を真剣に考えたとき、住民のみなさんに明るい未来を描くことのできる環境を整えていくためにはどうしたらよいのか、合併協議会において、住民のみなさんとともにこれから鋭意検討していきたいと考えておりますので今後とも、皆様のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

東郷湖周地域合併協議会 
     会 長  山 本 庸 生(東郷町長)