合併協定調印式
平成15年8月28日(木) 午前10時
伊予三島市福祉会館 4階 多目的ホール

川之江市、伊予三島市、土居町、新宮村の合併調印式に、
関係者125名が出席し、合併調印式が行われました。
調印式では、
これまでの協定項目や、協議経過について、
宇摩合併協議会事務局より説明があり、
その後、4市町村長が協定書に署名、押印を行いました。
立会人として、加戸守行愛媛県知事が署名されました。
すべての合併協定書5部に、
宇摩合併協議会委員全員が署名を行いました。


宇摩合併協議会顧問である
地元選出の3県議会議員も署名されました。
左より、森康行議員、篠原 実議員、井原 巧議員
4市町村長が、調印書を取り交わしました。
加戸知事を中央に、かたい握手。

平成16年4月1日の「四国中央市」発足へ向けて
大きな一歩を踏み出しました。
調印後は、
さまざまな事務手続きを経て
正式に「四国中央市」が誕生します。