大洲喜多合併協議会 大洲市公式ホームページへ 長浜町公式ホームページへ 肱川町公式ホームページへ 河辺村公式ホームページへ
トップページへ サイトマップ お問い合わせ

 

最新情報 市町村のプロフィール 合併するとどうなる 市町村合併への取り組み 合併協議会の紹介
合併協議項目 合併協議会の会議 協議会だより みんなの広場 リンク
合併するとどうなる?
合併のメリット
合併の疑問点
合併のメリット
 市町村合併の効果としては、次のようなものがあるとされています。
 ただし、この市町村合併のメリットは、一般的なもので、市町村合併の状況によっては、このメリットが当てはまらない場合もあります。
1. 行政サービスが向上します。

 従来の窓口サービスがオンライン化され、今までの役所・役場を利用することで、窓口が増加します。戸籍や、印鑑証明、住民票などの発行サービスが住居や勤務地の近くなど多くの場所で利用可能になります。
 旧市町村界を越え見直すことにより、生活や地域の実態に合った小・中学校通学区が設定できます。
 利用が制限されていた他の市町村の公共施設(図書館、スポーツ施設、保健福祉センター等)が自分の市町村の施設として利用出来るようになります。
2. 高度で多様なサービスが受けられます。

 小さな市町村では設置が難かしかった、女性政策・都市計画・国際化・情報化などの専任の組織や職員を置くことができるようになり、より多様な個性ある行政施策の展開が出来るようになります。

 従来、小さな市町村では採用が難かしかったり、十分に確保できなかった専門職(社会福祉士、保健師、理学療法士、土木技師、建築技師等)の採用・増強を合併することで職員が増えれば実現でき、専門的かつ高度なサービスの提供が可能になります。
 一般的に、合併すれば福祉などのサービス水準は高い水準に、負担は低い水準に調整されています。
 行財政基盤の強化による行政サービスの充実や安定が図られます。
 公共的団体の統合や新設が図られ、多様な事業、広域的な事業等の展開が可能になります。

 職員同士の競争が促され、多くの職員から有能な役職員を登用できるたり、研修などの円滑な実施が可能となります。職員がレベルアップすれば、行政レベルもアップします。

3. 重点的な投資ができるようになります。
 財政規模が大きくなることで、重点的な投資ができるようになり、地域の中核となるグレードの高い施設を整備したりや大規模なプロジェクトの実施が可能になります。
4. 合理的なまちづくりが出来るようになります。
 旧市町村界にとらわれない広い視点に立って、道路や公共施設の整備、土地利用、地域の個性を活かしたまちづくりが、合理的に、効果的に実施することができます。
 

 

 環境問題や水資源問題、観光振興など、これまでは市町村ごとに別々で整備調整していたものが、合併することで一体的、効率的に進められるようになります。
5. 行財政の効率化ができます。

 合併することで、総務や企画等の管理部門を統合し、サービス提供や事業実施する部門などを手厚くすることが出来ます。

 各市町村の三役や議員、委員会や審議会の委員、職員などの総数が少なくなり、経費が削減されます。
 合併により、隣接する市町村にあるスポーツ施設、文化施設等などの同じような公共施設に重複した投資をすることを防げます。
6. 地域のイメージアップと総合的な活力の強化

 より大きな市町村が誕生することは、地域の存在感や「格」の向上と地域のイメージアップにつながり、企業の進出や若者の定着、重要プロジェクトの誘致が期待できます。

     
 
   
   
大洲喜多合併協議会事務局: 〒795-0012 愛媛県大洲市大洲891番地1(大洲市民会館3階) TEL:0893-23-0234 FAX:0893-23-0233
E-Mail:info.gappei@city.ozu.ehime.jp